ストレスが原因ではげる?ストレスではげる原因や育毛を阻害する理由とは

ストレスが原因ではげる?ストレスではげる原因や育毛を阻害する理由とは


現代人はストレスをたくさん抱えている

仕事や人間関係、将来に対する先の見えない不安、情報化社会により知りたくもない情報が耳に入ってくるなど、今の時代は普通に生活しているだけでもストレスはたまっていきます。そんなストレスは、髪の毛や頭皮に悪い影響を及ぼします。ストレスがたまると自律神経が乱れてしまい、自律神経が乱れると血液の循環が悪くなってしまうため、 髪の毛に栄養が届かなくなって抜け毛が増えてしまうのです。男性と女性が薄毛で悩む割合は年々増え続けており、それは今の日本が「ストレス社会」なのが原因かもしれません。

ストレスがたまると不眠症に

睡眠というのは、毎日の健康な生活に欠かすことのできない重要な働きをしています。睡眠中は成長ホルモンが多く分泌され、1日の中で最も髪を成長させる時間帯なので、眠れない日が続くと髪の毛にも悪い影響を与えます。ストレスは不眠を招く大きな要因の一つです。ストレスや悩みを抱えると眠りにくくなりますし、ストレスによって自律神経のバランスが乱れると睡眠の質が下がってしまい、寝ても疲れがとれません。ストレスがたまって不眠症になると、 髪の毛の抜ける量が増えてはげやすくなります。

ストレスがたまっていると髪の毛が育たない

ストレスがたまると血管が収縮し、栄養が頭皮に届かなくなってしまいます。髪の毛の成長に必要な栄養を食事からとりいれたとしても、髪の毛にそれが届かなければ意味がありません。また、育毛剤を使っても頭皮の環境が悪ければ育毛剤の成分が頭皮に浸透しにくくなってしまいます。
ストレスは育毛効果に大きく関わっています。本気で髪の毛を生やしたいのであれば、ストレスを発散し、蓄積させないということが大切です。

育毛とは、自身からはえている体毛を体外からの刺激、またはサプリメントの内服などによる栄養の摂取によってより太く、長く育てることです。

Related Posts