根管治療の流れと、治療前後の生活で注意したいこととは

根管治療の流れと、治療前後の生活で注意したいこととは


虫歯による炎症が治まるまで本格的な治療は始まらない

歯の根管治療をする場合、治療前、治療中、そして治療後に注意することはあるでしょうか。まず治療前ですが、根管治療はたいていの場合、虫歯の痛みを訴えると行われます。神経に達していない虫歯の場合、基本的には痛みがないので悪いところだけを削ってレジンで埋めるという治療で治せるのですが、神経に達して痛みがあると、表面を削るだけでは対処できないからです。ただ、痛みがあるからといって直ちに根管治療が始まるわけではありません。炎症が治まるまでしばらく待ってから始まることが多いのです。したがって、治療前はできるだけ虫歯に刺激を与えない生活を送るようにしましょう。ジュースやお菓子を食べるのは控えた方がいいです。

治療中の歯でかたいものを食べるのは厳禁

根管治療中ですが、虫歯の部分を削ってから穴を空けて神経を掻き出すことになり、歯はほとんど無防備な状態になります。やはり、歯に刺激を与えるのは避けましょう。特にかたいものを食べるのはやめた方がいいです。もし、歯がポッキリと折れてしまった場合、差し歯をかぶせるのが難しくなって、別の治療に方向転換しなければならないかもしれません。また、根管治療は複数回に分けて行われ、虫歯を削って神経を掻き出して終わりではありません。勝手に治療が終わったと勘違いして歯医者に行くのをやめてしまうと、あっという間に虫歯が再発する可能性が高いので注意しましょう。

根管治療後に歯が痛くなってしまったら?

神経を掻き出して薬を詰めたあと、歯を大きく削って土台を立てると、あとは差し歯をかぶせるだけです。差し歯をかぶせ終わったら根管治療終了ということになりますが、ここで気をつけたいのは痛みの有無。よくあるのが、根管治療後になぜか歯が痛くなるというケースです。歯医者は通常、根管治療前にすべての歯の状態を確認するので、もし虫歯が残っているのであればそれを患者に伝えて、治療を続けようとするはずです。それなのになぜ痛い歯が出てくるのでしょうか。可能性として考えられるのは、根管治療によって近くの歯が刺激を受け、痛みを発したというもの。この場合はしばらくすれば収まるでしょう。

神経を完全に除去できていないことも

根管治療後、歯の痛みが長く続く場合は医者に診てもらうようにしましょう。あまり多いケースではないですが、根管治療のときに神経を完全に取り除くことができず、それが炎症を起こしているということもあり得ます。この場合は当然、再治療です。診察を受けて歯医者に「特に問題はない」と言われた場合、しばらく様子を見るか、あるいは別の歯医者でセカンドオピニオンを受けるか判断しなければなりません。

根管治療は歯の根の治療のことを指します。深い虫歯などで歯髄が炎症や感染を起こしてしまった時に必要になる治療です。

Related Posts