意外と知られていない!?女性にも性器の悩みがあること

意外と知られていない!?女性にも性器の悩みがあること


実は気にしている性器の形

男性が自分の性器の形や大きさなどを気にしているように、女性も自分の性器について悩んでいる人が少なくありません。男性に比べてあまり話題にならないので、知らないという人も多いかもしれませんね。そのため、彼氏との性行為の際に、性器の形について心無いことをいわれて傷つく女性も少なくないのです。また、男性向け雑誌などでは間違った知識が広がってしまっていることから、そうしたところから入手した間違った情報を男性が鵜呑みにし、女性の性器に関するコンプレックスを刺激してしまうことがあります。例えば、小陰唇が黒ずんでいたり肥大している女性は、性に積極的だという間違った情報が広がっています。それは事実ではないのに、まるで事実かのようにいわれているので、そのことに女性たちは傷つき、悩んでいます。

小陰唇縮小手術でコンプレックスを克服

そこで、美容整形クリニックや婦人科形成クリニックでは、小陰唇縮小手術という方法を用いて、女性器のコンプレックスを克服する方法を提供しています。この手術では、肥大してしまった部分の小陰唇を切除し、溶ける糸で縫合することによって小陰唇を縮小します。小陰唇は左右に一つずつあるので、左右のバランスを考えて手術をすることになります。もし、片方だけが肥大している場合は、片方だけの手術となります。手術にかかる費用は、片方につき15万円前後が相場となります。小陰唇縮小手術のメリットは、見た目を整えることができるという点です。黒ずんだり肥大した部分を切除し、大陰唇に収まるように整形するのです。また、汚れが溜まりにくくなることから、デリケートな部分を清潔に保つことができるというメリットもあります。もし、小陰唇について悩んでいるのであれば、手術を受けることを考えてみてはいかがでしょうか。

手術後に注意をしたいこと

手術は肥大したり黒ずんだ部分を切除するだけなので、それほど難しい手術ではないです。片方につき30分で手術は完了します。ただ、小陰唇の縮小手術後にいくつか気をつけなければならないことがあります。まず、入浴については手術後10日程度が経過するまで待つ必要があります。それは、陰部に雑菌が入ったりして感染症になるリスクが考えられるからです。その一方で、シャワーは手術当日から利用することができるので問題ありません。ただし、石鹸などで陰部をこすったりしないようにすることです。次に、性行為についての注意点です。小陰唇縮小手術では陰部を縫合しているため、摩擦に対して脆弱な状態です。そのため、性行為は1ヶ月ほど経ってから再開することです。

デリケート部分の小陰唇縮小手術を行う場合は、今まで多くの実績があり、口コミ情報でも評判の良いドクターがいるところで受けましょう。

Related Posts